3(年少)、4、5歳からはじめる

幼児科

“耳の力”がぐんと伸びる4・5歳。

 

今が音楽のはじめどきです。

人間の聴覚がもっとも発達するのは、4・5歳のころ。

この時期にたくさんの音楽を聴き、歌い、弾く体験を重ねること、“こころ”と“からだ”で、まるごと音楽に向き合うことで、音楽のさまざまな表情やニュアンスを聴きわける耳が育まれます。

グラフ2

言葉を覚えるのと同じように、ドレミを覚える。

聴く力が発達し、“まねをすること”が上手にできるようになる幼児期は、言葉を覚える能力が一気に高まる時期。

音楽も同じです。この時期を逃さずに、無理なく楽しく、音楽をたくさん吸収させてあげてください。

 

すべての演奏表現の基礎となる音感が育つ時期です。

この時期にたくさんの音楽を耳から体験することで豊かな音感が育まれます。 音感とはドレミ、拍子、リズム、強弱、調など、音楽を形づくるさまざまな要素を聴きとる力、音楽の基礎となる力です。

 

幼児科の特長

 

さまざまな角度からの音楽体験

「きく」「うたう」「ひく」「よむ」「つくる」といったさまざまな角度から、言葉を覚えるように音楽に親しみます。

 

“こころ”と“からだ”の発達段階に合わせたプログラム

4・5歳は音楽的な聴感覚の発達が著しい時期。

聴いた曲をくり返しドレミで歌ったり弾いたりすることで、音楽的な耳を育てます。

 

お友だちと一緒だから楽しい

音楽の楽しさをお友だちと共有できるのはグループレッスンならでは。

刺激し合うことで自主性や意欲を引きだし、協調性や社会性も育ちます。

 

親子一緒だからもっと学べる

保護者の方が一緒にいてくださることが、お子さまの安心感や積極性を引き出します。

家庭での音楽環境づくりにもつながります。

 

幼児科の2年間で、音楽のチカラはぐんぐん伸びます。

ぷっぷるず2

3ヶ月後 1曲を通して演奏します

「だいすきなパン」(ぷらいまりー①より)

初めて弾く曲(レパートリー)です。

みんなで歌ったり音楽に合わせてからだを動かすことで、音楽をからだ全体で感じ、グループレッスンの楽しさにふれます。

また、CDに合わせて鍵盤に親しみ、簡単な片手演奏の曲が弾けるように。

 

半年後 両手で曲を演奏します

「リスのこもりうた」(ぷらいまりー②より)

両手奏に初めてチャレンジする曲です。

グループレッスンの楽しさを実感、みんなで一緒にがんばろうとする意欲やよい意味での競争意識が芽生えてきます。

この頃から両手奏に入り、音楽のいろいろな要素を「きく→うたう→ひく」の順序で学んでいきます。

 

1年後 いろいろな和音や調を経験します

「ロンドンばし」(ぷらいまりー③より)

2年目の最初の曲です。

和音を覚えたり、ハ長調やト長調、ヘ長調を習ったり、レッスンで教わる音楽の幅が広がります。

曲のイメージにふさわしい歌い方や弾き方もできるようになって、いろいろな伴奏も経験します。

 

2年後 さまざまな表情の曲に挑戦します

「ジプシーのおどり」」(ぷらいまりー④より)

2年目の最後の曲です。

ハ長調の曲からはじまり、ト長調、ヘ長調、ニ短調、イ短調と2年間に5つの調を経験します。

元気な曲、もの悲しい曲、美しい曲など、気持ちをこめて演奏することや表現方法を学んでいきます。

 

レッスン形態・料金

対象 4歳(年中)、5歳(年長)※2018年度クラス 2012.4.2~2014.4.1 生まれ
期間 2年
レッスン形態 グループレッスン(1クラス8名程度)※レッスンは保護者の方とご一緒です
レッスン回数 年40回
レッスン時間 1回60分
開校日 公式サイトをご覧ください。 深井センター 住之江センター
開講月 5月・11月 ※教室により、秋クラスの実施が無い場合がございます。
レッスン料金

<2017年5・11月開講クラスにご入会の方>6,000円(税抜・月額)

<2018年5月以降開講クラスにご入会の方>6,500円(税抜・月額)

※教材費が別途必要となります

入会金 5,000円(税抜)
施設費 1,000円(税抜・月額)

 

 

 

おんがくなかよしコース

想像することが大好きな3歳。イメージを広げながら音楽とふれあい豊かな表現力を養います。

 

音楽なかよしコース

やさしさ、よろこび、悲しみなどの感情があらわれ、その人の内面が形成されるのは3歳の頃だといわれます。

この時期に本物の音楽に触れることで豊かな感性が育まれ、聴く力や、積極的に表現する力の素地を身につけることができます。

 

想像や空想がだいすき!

何かになりきったり、その気になって表現したり。

3歳児は、その場にないものをイメージしてあそぶことが大好きです。

 

ひとりひとりの個性が伸びる時期

心身の発達では月齢差、個人差もまだまだ大きい時期。

ひとりひとりの成長をあたたかく見守ってあげることで、その子らしい個性がすこやかに伸びていきます。

 

あそび感覚の中で、音楽と自然に親しむ

学習的なことよりも感じとる力がめざましく伸びる時期。

うたったり、おどったり、楽しみながら全身(五感)で音楽を感じる体験の積み重ねが大切です。

おんがくなかよしコースの特長

 

「聴きたい」「表現したい」気持ちを伸ばす

うれしい、かなしいなどの様々な音楽の表情をとらえ、イメージをもって聴けることをめざします。

歌ったり、打楽器や鍵盤楽器を使いながら表現力、リズム感を育みます。

また、年間を通してドレミで歌う体験をしていきます。

 

教材は高品質な音楽とビジュアル

テキストの絵やテキストに連動したDVD教材の映像は、子どもたちのイメージする力を大きく育みます。

その他、親子で楽しめる手作り絵本等、ユニークな教材を使用します。

 


ひとりひとりの個性をのばす

お子さまひとりひとりの表現意欲を大切に育てます。

いろんな個性が集まったグループレッスンで、ひとりひとりのちからをもっともっと引き出します。

 

親子一緒だから安心

保護者の方が一緒にいてくださることが、お子さまの安心感や積極性、家庭での音楽環境づくりにもつながります。

 

3歳の今だから出来るレッスン 3つのポイント

 

ポイント1 音楽を聞きわける耳の力が身につきます

テンポ、リズム、強弱など、音楽の様々な表情を聴きとり、表現できる力が身につきます。

また、歌い覚えた歌詞を、ドレミに置き換えて歌う体験をとおして、音感の素地を育みます。

“音感”を身につけることの重要性

“音感”は、ドレミを聴きわけられるだけでなく、拍子、リズム、強弱、何調か?など音楽を形作る様々な要素を聴きとる力のことで、全ての演奏表現の基礎となる力です。

音感を身につけることで、将来的に豊かな演奏表現の土台ができるのです。

 

ポイント2 あそび感覚あふれた音楽体験が表現力の素地を育みます

遊び感覚で無理なくイメージを広げ、「身体全体で」「歌で」「楽器で(打楽器や鍵盤)」音楽の表現体験を重ねることで、豊かな表現力の素地を育みます。

喜び、驚き、悲しみ、思いやりなどの情感を伴って音楽を聴く体験をすることで、豊かな音楽的感性を育みます。

鍵盤楽器で表現しよう!

3歳のコースから、鍵盤体験が始まります。

「遊び」の要素を取り入れ、全身でのびのび表現。エレクトーンの多彩な音色が豊かなイメージを広げ、表現意欲を高めます。

毎回のレッスンで鍵盤を扱い、腕や手の大きな動きと手指の細かい動きをバランスよく体験していきます。

 

ポイント3 音楽をとおして、豊かな情操、社会性を育みます

この時期の豊かな感情を伴った音楽体験は、将来の音楽学習のベースとなります。 ヤマハでは、3歳児の発達に合わせた高品質な本物の音楽を提供するとともに、保護者も一緒に参加したり、他の親子との関わりを通して、豊かな情操、社会性、思いやる心など、お子様の成長を応援します。

 

レッスン形態・料金

対象 3歳(年少)
<2017年度クラス>2013.4.2~2014.4.1 生まれ
<2018年度クラス>2014.4.2~2015.4.1 生まれ
期間 1年コース
レッスン形態 グループレッスン(1クラス8名程度)※レッスンは保護者の方とご一緒です
レッスン回数 月3回
レッスン時間 1回50分
開校日 公式サイトをご覧ください。 深井センター 住之江センター
レッスン料金

<2017年度開講クラス>4,500円(税抜・月額)

<2018年度開講クラス>5,000円(税抜・月額)

※教材費が別途必要となります

入会金 1年コース 5,000円(税抜)
施設費 1年コース 1,000円(税抜・月額)